姫路

  • 印刷
姫路市役所=姫路市安田4
拡大
姫路市役所=姫路市安田4

 兵庫県姫路市は3日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について、1、2回目と同様に個別と集団の両接種形式を併用すると明らかにした。前回が個別接種だった市民は原則、3回目を同じ医療機関で受ける。集団接種だった65歳以上に対しては市が3回目の接種日時や会場を指定し、64歳以下には専用ウェブサイトで予約をしてもらう。(田中宏樹)

 同日再開した市議会本会議で、清元秀泰市長が井上太良議員らの質問に答えた。

 3回目接種は2回目完了から8カ月以上が経過した18歳以上が対象。市は高齢者や優先接種対象者向けの接種を来年2月をめどに始める方向といい、個別接種はファイザー製、集団接種では原則モデルナ製を使用する。

 接種券は2回目の完了順に分散して郵送し、発送数に応じた接種枠を用意する。集団接種を予定する64歳以下には、接種券に同封するはがきを返送すれば市が会場や日時を指定する制度を導入する。

 また、来年2~3月のワクチン供給の見通しについて、清元市長は「モデルナ製が約半数を占める見込みだ」と説明。この時期に3回目を予定する市民の大半が前回ファイザー製を接種しており、異なるワクチンを受ける「交差接種」の増加が見込まれる。

 清元市長は「研究では同じワクチンの接種時と副反応に差はなく、効果も良好とされている」と話した。

姫路新型コロナワクチン
姫路の最新
もっと見る
 

天気(1月17日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 7℃
  • ---℃
  • 70%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ