姫路

  • 印刷
新年を前に試験点灯された約2千個のちょうちん=姫路護国神社
拡大
新年を前に試験点灯された約2千個のちょうちん=姫路護国神社

 姫路城の内堀に面し、白鷺宮(しらさぎのみや)とも呼ばれる姫路護国神社(兵庫県姫路市本町)で27日夕、約2千個のちょうちんが参道を照らす「新年万燈(まんとう)祭」の試験点灯があった。本点灯は新年を迎える元日の午前0時からで、三が日は午後8時まで、4~10日は午後7時まで参拝者を明るく照らす。

 1978年、戦没者遺族の寄贈により始まった。当初は参道の両側に並ぶ程度だったが、徐々に数が増え、20年ほど前から境内を埋め尽くすようになった。

 同神社の神紋であるサクラが描かれたちょうちんは、高さ3・5メートルからつるされ、幅約35メートル、奥行き約25メートルの光る天井となって迎春ムードを高める。期間中は約7万人の参拝者が見込まれるという。

 同神社TEL079・224・0896

(大山伸一郎)

姫路
姫路の最新
もっと見る
 

天気(5月17日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 0%

  • 25℃
  • 12℃
  • 0%

  • 23℃
  • 16℃
  • 0%

  • 24℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ