姫路

  • 印刷
高見とも子さんが育てるアネモネ。赤色が映える=姫路市夢前町山之内
拡大
高見とも子さんが育てるアネモネ。赤色が映える=姫路市夢前町山之内

 兵庫県姫路市夢前町の北端に位置する雪彦山の麓で、今年もアネモネが咲き誇っている。同県播磨町在住の高見とも子さん(74)が丹精した花で、約400株が民家の庭を鮮やかな赤色に染め上げている。15~17日は一般公開する。(森下陽介)

 高見さんは22年前、自然の中での生活に憧れ、自宅とは別に夢前町に拠点を構えた。当時、周辺地域ではアネモネの花が自生しており、栽培する家庭も多かったが、人口の減少とともに減っていった。

 かつての景色を復活させようと4年前から、知人宅の庭を借りて栽培を開始。多いときには週5日、自宅から通って世話をする。シカやアナグマの被害に遭いながらも、順調に株数を増やしてきた。

 高見さんは「今年は寒波の影響が心配だったが、大きくて濃い赤色の花が咲いてくれた」とほほ笑んだ。

 公開は3日間とも午前10時~午後4時。

姫路
姫路の最新
もっと見る
 

天気(7月1日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ