姫路

  • 印刷
既存の建屋の解体を前に醸造所への思いを語る宮崎隼人さん=姫路市久保町
拡大
既存の建屋の解体を前に醸造所への思いを語る宮崎隼人さん=姫路市久保町
「フリー・スピリッツ・ブリューイング」のロゴ
拡大
「フリー・スピリッツ・ブリューイング」のロゴ

 クラフトビール人気が高まる中、兵庫県の姫路駅前で醸造所の開設準備を進める男性がいる。同県たつの市の宮崎隼人さん(36)。米国でその魅力にはまり「日本でプロの醸造家になろう」と脱サラして帰国。地元播磨に念願の醸造所を構え、造り手の夢を込めたビールを今秋にも出荷する。

 商社勤務時代に米国に渡り4年間滞在した宮崎さん。ニューヨークやカリフォルニア州で勤務する傍ら、醸造所ごとに多彩なクラフトビールがあり、気さくな雰囲気の中で飲める文化に触れた。現地で醸造のワークショップに参加するなどビール造りを学び、商社を辞めて帰国した後は、神戸のクラフトビール会社で腕を磨いてきた。

 姫路にビアガーデンを併設した醸造所を立ち上げようと、今春に独立。屋号は「フリー・スピリッツ・ブリューイング」を掲げた。宮崎さんは「自由気まま、固定観念にとらわれないビールをそろえたい、との思いを込めた」と話す。

 目指すビール像はアメリカンスタイル。主原料のホップをふんだんに使い、かんきつ系の香りも楽しめるIPA(アイピーエー)と呼ばれるタイプをそろえる。

 また、副原料として欠かせないフルーツにもこだわる。全国の若手農家と連携し、四季折々の果物を使うことで、ビールの味わいに多様な個性を持たせる。

 醸造所は駅西地区の姫路市久保町に開く。敷地にある既存建屋の解体は終わっており、5月から2階建ての建屋を新設する。1階は醸造所、2階にレストラン、屋上をビアガーデンとする計画。今夏に醸造免許を取得し、仕込みを始める見通しという。

 宮崎さんは「クラフトビールを通じ、播磨・姫路に新たな食文化を根付かせ、周辺の飲食店と一緒に町を盛り上げたい」と話す。開設資金の一部は、クラウドファンディングサイト「キャンプファイヤー」で募っている。(段 貴則)

姫路
姫路の最新
もっと見る
 

天気(7月5日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ