姫路

  • 印刷
戸井田徹さん
拡大
戸井田徹さん

 転機は突然訪れた。1996年10月の衆院選。8選を目指す父の三郎さんが公示後に心筋梗塞で急逝した。後を継いで立候補を届け出たのは投票日の6日前。当時の橋本龍太郎首相らが応援に駆け付け、接戦を制した。あの時受けた多くの支えが忘れられない。

 1期目は新幹線「のぞみ」の姫路駅停車に向け尽力。少子化対策につながる奨学金制度の見直しに奔走し、コソボ紛争の停戦直後には現地へ足を運んだ。

 2度の落選を経て2005年に自民公認で返り咲いた。だが、09年の選挙で敗北。10年秋に心筋梗塞と脳梗塞を発症し、政界を引退した。ゴルフを楽しめるほどに体は回復したが、言葉は思うように操れない。

 今回の取材は家族と一緒に臨んだ。かつての自分のように地方から選出された議員へ伝えたい言葉がある。「東京一極集中で大変な時代だろう。でも、都会に奪われるのでなく、地方に取り返す気持ちで政治に取り組んでほしい」

 今も熱い思いは変わらない。(田中宏樹)

姫路
姫路の最新
もっと見る
 

天気(7月5日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ