姫路

  • 印刷
ブースが並ぶ予定の白鷺町地区の道路。期間中は午前9時~午後6時に車両の進入を禁止する=姫路市本町
拡大
ブースが並ぶ予定の白鷺町地区の道路。期間中は午前9時~午後6時に車両の進入を禁止する=姫路市本町

 市民らが古い町並みを歩いて楽しむイベント「ぶらり城下町散歩」が24~26日、姫路城南の白鷺町地区(兵庫県姫路市本町)で初めて開かれる。歩きたくなる街を目指す市の「ウォーカブル推進計画」に基づく社会実験の一環。地区内の道路を通行止めとし、地元住民や商店主らが飲食や小物販売のブースを路上に出店する。

 市は昨年3月に同計画を策定。道路など公共空間を利活用する効果や課題を探るため、中心市街地での社会実験の実施を定める。中長期的にはJR京口駅や手柄山中央公園の周辺でも、歩いて訪れたくなる地域づくりを進めるという。

 イベントは地元の白鷺町自治会が主催し、市が運営に協力。国道2号の大手前西交差点から北約150メートルの区間に約20のブースが並ぶ。段ボールを組み立てた迷路など子どもが遊べるスペースも設ける。

 地区は姫路城中堀の内側に位置しており、同自治会の池尻康則会長(68)は「そこで生活や商売をする人と楽しく触れ合えるイベントにしたい」と話した。

 午前11時~午後4時。荒天中止。池尻会長TEL079・222・8592

(田中宏樹)

姫路
姫路の最新
もっと見る
 

天気(8月15日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ