北播

  • 印刷

 兵庫県加西市在住の腹話術師春風小イチローさん(73)が市北部公民館(同市満久町)で教える教室が25周年を迎え、記念フェスティバルを23日午後1~3時半、市南部公民館(同市上宮木町)で開く。受講生らは練習の成果を披露しようと仕上げに余念がない。

 「地域に根差し、ボランティア精神を学ぼう」と1992年に発足した。加西のほか、加東、小野、三木、西脇、姫路市などから50~80代の男女19人が所属し、北部公民館で月1回練習。約1年前から記念フェスの準備を重ねてきた。

 当日は単独(2席)や2人一組での出演のほか、四つのグループに分かれて川柳に結びつけた演目を披露する。春風さんによると「現在の風潮を込めた内容で、日常生活にある笑いなどがあふれている」という。

 春風さんも腹話術を披露するほか、女性落語家の露の都さんと露の棗(なつめ)さんが出演。神戸のハーモニカグループ「モア・こぴっと」の演奏もある。春風さんは「受講生らが一生懸命続けてきた集大成を見ていただければ」と話す。

 入場無料。予約不要。(河尻 悟)

北播の最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 50%

  • 26℃
  • ---℃
  • 50%

  • 26℃
  • ---℃
  • 50%

  • 26℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ