北播

  • 印刷

 汗ばむ季節を前に、播州織工房館(兵庫県西脇市西脇)の逸品展で小円織物(多可町八千代区俵田)が、肌触りの良さや吸水性に優れる二重ガーゼで作った手ぬぐいや赤ちゃんのおくるみなど、オリジナル商品を出品している。27日まで(月曜休み)。

 1926年創業の同社は2010年、3代目の小林一光(いっこう)さん(30)を中心に自社製品の開発に初めて着手。肌に触れるハンカチや手ぬぐいといった商品で消費者の手応えを感じ、播州織特有の鮮やかな色を生かしたり、チェック柄を取り入れたりして、東京など都市圏で販路を広げている。

 「首に巻いたり、襟元に重ねてアクセントにしたり、ズボンに巻き付けたり。想像もしなかった使い方をお客さんに教えてもらっている」と小林さん。子どもの誕生に合わせ、妻の郁香(ふみか)さん(28)と考案した赤ちゃんのよだれかけなども並べている。

 午前10時~午後5時。同館TEL0795・22・3775

(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(7月29日)

  • 32℃
  • 28℃
  • 40%

  • 32℃
  • 26℃
  • 40%

  • 33℃
  • 27℃
  • 30%

  • 33℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ