北播

  • 印刷

 精巧な造花を自由にアレンジするアーティフィシャルフラワーの店舗を兵庫県西脇市野村町で経営する石井麗馨(れいか)さん(59)が、初めての作品展を同市西脇の旧来住家住宅で開いている。教え子ら約15人と計100点を出品。水の管理などの手間を省きながら、華道に準じたり、空間に調和するよう創作したりと、花や植物がある暮らしの楽しみを提案している。30日まで。

 家具店の専務でもある石井さんが約20年前から仕事の一環で手掛ける。

 海外からの輸入が大半という素材は、ボタンやアジサイといった大輪の花から、カスミソウやワラビなどさまざま。質感も本物と見間違えるほどだが、より自然な状態に近づけようと、一輪ずつ解体して大きさに変化を付けたり着色したり、水辺をイメージしてカエルの模型を載せるなど、生花ではできない工夫を施している。

 石井さんは「日々の忙しさで生花を取り入れない人は少なくないけど、この花なら、和洋を問わない意外な組み合わせが楽しめる」と魅力を語る。

 入場無料。午前10時~午後6時。30日午前10時からは体験教室を開く(先着20人、材料費3千円)。旧来住家住宅TEL0795・22・5549

(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(11月21日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 50%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ