北播

  • 印刷
見ごろを迎えた八重桜が青空に映える=小野市黍田町
拡大
見ごろを迎えた八重桜が青空に映える=小野市黍田町

 濃い紅、薄緑、白…。加古川右岸に35種の八重桜約260本が連なる兵庫県小野市黍田町の「桜づつみ」で、色とりどりの花が開花し、見頃を迎えている。並木を管理する市まちづくり課によると、現在満開。5月上旬まで楽しめるという。

 県が県加古川上流浄化センター(同市黍田町)を整備した1990年、東側の堤防約850メートルに植栽。堤防沿いには、同センターの処理水を使った噴水や滝などがある約7千平方メートルの日本庭園「やなせ苑」も広がる。

 八重桜の花びらの色は品種により、薄緑色の「御衣黄」▽白い「太白」▽濃い紅の「関山」-などさまざま。訪れた人たちは思い思いに写真を撮影して楽しんでいた。(笠原次郎)

北播の最新
もっと見る

天気(7月29日)

  • 32℃
  • 28℃
  • 40%

  • 32℃
  • 26℃
  • 40%

  • 33℃
  • 27℃
  • 30%

  • 33℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ