北播

  • 印刷
能「針間」を舞う能楽師ら加西市民会館文化ホール
能「針間」を舞う能楽師ら加西市民会館文化ホール

 4日夜、兵庫県の加西市民会館文化ホールで開かれた「第2回加西能」は、第1部の新作狂言「根日女」に続いて、第2部として舞囃子「高砂」と新作能「針間」が上演された。

 「針間」は哲学者梅原猛さんの書き下ろし。2人の皇子、意奚(億計)と袁奚(弘計)が、皇位継承争いの続く都から美嚢郡志染の里(現三木市)に逃れて、それぞれ牛飼いと馬飼いになり、後に都で仁賢天皇と顕宗天皇になった話を描いている。

北播の最新
もっと見る

天気(5月30日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 10%

  • 34℃
  • 15℃
  • 10%

  • 32℃
  • 20℃
  • 0%

  • 33℃
  • 19℃
  • 0%

お知らせ