北播

  • 印刷
大木に巻き付いたヤマフジがたくさんの花をつけている=小野市王子町、熊野神社
拡大
大木に巻き付いたヤマフジがたくさんの花をつけている=小野市王子町、熊野神社
高さ約20メートルのクヌギに巻き付いたヤマフジ=小野市王子町、熊野神社
拡大
高さ約20メートルのクヌギに巻き付いたヤマフジ=小野市王子町、熊野神社

 兵庫県小野市王子町、熊野神社の高さ約20メートルのクヌギにヤマフジが巻き付き、紫の花々がシャワーのように“降り注いで”いる。

 マメ科の日本固有種。古くは万葉集に詠まれ、家紋にも使われるなど鮮やかな花が日本人の心象風景に刻まれている。

 県立フラワーセンター(加西市豊倉町)の花の相談員竹見一洋さん(65)によると、兵庫以西に分布するヤマフジは花穂が10~20センチで、本州から九州にかけて分布するノダフジに比べ短いという。熊野神社ではクヌギ5本ほどに巻き付いている。見ごろは5月中旬まで。(笠原次郎)

北播の最新
もっと見る

天気(5月28日)

  • 25℃
  • 17℃
  • 0%

  • 24℃
  • 12℃
  • 10%

  • 26℃
  • 17℃
  • 0%

  • 26℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ