北播

  • 印刷

 兵庫県加西市北条町東高室、播磨農業高校畜産科酪農コースの生徒たちが、4月に静岡県御殿場市で開かれた乳牛の品評会「2017セントラルジャパン・ホルスタインショウ」に出場し、未経産牛の育成部門で99頭中の総合1位となるジュニアチャンピオンに輝いた。全国の高校や大学17校の中で最高位となる最優秀学校賞も受け、生徒たちは「心に残る最高の大会になった」と喜ぶ。(河尻 悟)

 全国の酪農家が集う国内最大規模の大会で、いわば“牛のミスコン”。今年は全国19都府県から186頭がエントリーした。

 同校からは「ハリマ・ツネ・ゲイン・ウルフ」(9~11カ月の部)と「ハリマ・リコライス・ビーマー・ルチア」(15~17カ月の部)が出場し、2頭の面倒を見る生徒の代表6人が同行した。

 大会では乳牛としての美しさが審査され、良好な健康状態を示す毛づやなどに加え、舞台での立ち姿といった引き綱を持つ人の腕も見せどころ。結果は2頭とも各部の1位で、「ハリマ・リコライス-」は育成部門全体の頂点に輝いた。プロの酪農家が集う中、高校生として初の快挙だった。

 牛が落ち着ける環境づくりも重要なポイントといい、大会で「ハリマ・リコライス-」の引き綱を持った鐵未衣さん(18)=加古川市=は「大会前は調子が良くなかったが、2日ほど前にストレス要因を見つけることができたので受賞につながった」と会心の笑顔。「ハリマ・ツネ-」をリードした上園のどかさん(17)=同=は「過去2回の大会はうまくリードできなかったが、牛の性格を見られるようになってきた」と胸を張る。

 浅田琉馬さん(17)=姫路市=は「今回の受賞を励みに、11月の大会でも良い結果を残したい」と意気込んでいる。

北播の最新
もっと見る

天気(7月29日)

  • 32℃
  • 28℃
  • 40%

  • 32℃
  • 26℃
  • 40%

  • 33℃
  • 27℃
  • 30%

  • 33℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ