北播

  • 印刷
西脇市出身で元巨人の藤本貴久さん(手前右)から二塁への送球について指導を受ける子どもたち=黒田庄ふれあいスタジアム)
拡大
西脇市出身で元巨人の藤本貴久さん(手前右)から二塁への送球について指導を受ける子どもたち=黒田庄ふれあいスタジアム)

 元プロ野球選手らが小中学生を指導する「第23回ダイワハウス全国少年少女野球教室」が14日、兵庫県西脇市黒田庄町喜多の黒田庄ふれあいスタジアムで開かれた。地元北播を中心にした14チーム約200人が、守備や打撃の基本を学んだ。

 全国野球振興会が主催。阪急ブレーブスでMVPを2度獲得した長池徳士さん(73)や3年連続盗塁王に輝いたロベルト・バルボンさん(84)、女子プロ野球兵庫ディオーネの中田友実さん(22)、榊原梨奈さん(23)らOBと現役の11人が講師を務めた。

 参加者は投手や捕手、内外野手に分かれて練習。講師から「捕手が二塁に送球するときは投げる手をグラブに近づけておく」「打撃時は後ろ足に重心をかける」などと教わった。

 小野高校OBで南海や阪神でプレーした山本晴三さん(69)から打撃の指導を受けた男子児童(9)=西脇野球スポーツ少年団=は「タイミングの取り方がよく分かった。次の試合から打てそうな気がする」と話した。(笠原次郎)

北播の最新
もっと見る

天気(5月30日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 10%

  • 34℃
  • 15℃
  • 10%

  • 32℃
  • 20℃
  • 0%

  • 33℃
  • 19℃
  • 0%

お知らせ