北播

  • 印刷
ほぼ原形通りの状態で出土した弥生時代の土器を持つ加東市教育委員会文化財係の男性
ほぼ原形通りの状態で出土した弥生時代の土器を持つ加東市教育委員会文化財係の男性

 兵庫県加東市河高の河高・平田遺跡で、ほぼ原形通りの弥生時代のつぼ型土器が見つかった。発掘した同市教育委員会文化財係によると、弥生時代中期後半(約2千~2200年前)のものとみられる。ひび割れは認められるものの状態は良好で、同係の担当者は「これほど原形をとどめた弥生土器は県内でも珍しいのでは」と話している。(桑野博彰)

 土器は高さ約19センチ、胴部の直径約20センチ、口縁部の直径約10・5センチ。表面には弥生時代の土器に特徴的な文様、線状の「櫛描文」と「円形浮文」が認められる。

北播の最新
もっと見る

天気(7月23日)

  • 31℃
  • 27℃
  • 30%

  • 32℃
  • 25℃
  • 40%

  • 32℃
  • 27℃
  • 20%

  • 32℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ