北播

  • 印刷
列車内で生ビールのジョッキを手にして乾杯する乗客ら=加西市内
拡大
列車内で生ビールのジョッキを手にして乾杯する乗客ら=加西市内
ビールなどを飲食しながら、ライブ演奏を楽しむ乗客ら=北条町駅
拡大
ビールなどを飲食しながら、ライブ演奏を楽しむ乗客ら=北条町駅

 兵庫県加西市と小野市を結ぶ第三セクター「北条鉄道」(加西市)の車内で生ビールを堪能する「ビール列車」の運行が29日夜、始まった。加西市をはじめ、加古川、神戸市から集まった39人が赤ちょうちんで飾られた車内に乗り込み、顔を赤らめながら談笑した。(河尻 悟)

 昨年、夏の大人向け納涼イベントとして、同鉄道が貸し切り列車を使って初実施して好評だったため、今年も企画。今年は29、30日と8月5、6日に計4便運行し、全日とも満席だという。

 車内は「飲み放題」と書かれたのぼりが掲げられ、ビールサーバーを車両の前後に設置。アロハシャツを着た同鉄道社員がジョッキに生ビールを注いで乗客へ。社員の掛け声とともに威勢よく乾杯した。

 食事は、地元食材をふんだんに使った地産地消レストラン「えぇもん王国」(加西市北条町横尾)の弁当や、同鉄道応援隊が準備したオニオンリングなどが提供された。この日は、姫路などで活動するバンド「NADIA(ナディア)」が「夢で逢えたら」「涙をふいて」などを熱唱した。加古川市の会社員(62)は「列車内で生ビールを飲むのは初めて。結構揺れるので驚いたけど、独特の雰囲気で楽しい」と話していた。

北播の最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 24℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 10%

  • 37℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ