北播

  • 印刷
新たに播州ラーメンの認定店となった「千笑」店主の藤原督久さん=西脇市富田町
拡大
新たに播州ラーメンの認定店となった「千笑」店主の藤原督久さん=西脇市富田町
「千笑」の外観=西脇市富田町
拡大
「千笑」の外観=西脇市富田町

 兵庫県西脇市富田町、ラーメン店「千笑」がこのほど、西脇多可料飲組合の播州ラーメン部会の認定店に加わった。新規登録は制度ができた2001年以来初めて。店主の藤原督久さん(44)は「西脇の名産で地元を盛り上げたい」と意気込む。(長嶺麻子)

 同市を中心に北播磨で親しまれる播州ラーメンは甘いしょうゆ味が特徴。昭和30年代、播州織の工場で働くために全国から集まった若い女性の口に合う味付けになったと考えられている。付け合わせはチャーシューとモヤシが基本で、持ち帰りができる店も多い。

 同市で生まれ、幼い頃から甘いラーメンに親しんだ藤原さんは約10年前、脱サラして屋台のラーメン店を始め、昨年9月、自宅敷地にカウンター6席、テーブル8席の店舗を構えた。主要道から少し外れているが、近所や屋台の頃からの常連らが足しげく通う。

 同市観光協会が以前に実施したアンケートによると、西脇の特産で知名度が高いのは黒田庄和牛に続いて播州ラーメンという結果。重要な観光資源ながら、当初は同市と多可町を合わせて15店だった認定店は後継者不在などから廃業が相次ぎ、6店まで減少していた。藤原さんは「僕らの世代が頑張らないと。いずれ若い人を育てて、屋台も再開したい」と話している。

 午前11時半~午後9時(平日午後2~5時は中休み)。火曜定休。千笑TEL0795・23・2176

北播の最新
もっと見る

天気(9月21日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ