北播

  • 印刷
忠臣蔵について話す鍋谷晴紀さん=加西市満久町
拡大
忠臣蔵について話す鍋谷晴紀さん=加西市満久町

 忠臣蔵をテーマに播州赤穂観光ガイド協会会長の鍋谷晴紀さん(68)が語る講演会が8日、兵庫県加西市満久町の北部公民館で開かれた。11月に同市で開催される第29回義士親善友好都市交流会議(忠臣蔵サミット)を記念し、市内4公民館で開かれる講座の1回目。高齢者学級のメンバーを中心に約60人が聞き入った。

 鍋谷さんは浅野内匠頭が吉良上野介を切りつけた理由について、内匠頭の乱心説▽かっとしやすかったという「持病説」▽賄賂の要求に起因する説-などの諸説をひとつずつ紹介した。

 赤穂藩の飛び地があった同市との関わりについても解説。四十七士の一人、小野寺十内の次男にあたる古田伴庵が医者となり、同市に住んで父らの供養墓を建立したことなどを紹介した。同市に住んだ理由については「赤穂と関係があるので、知り合いがいたのかもしれない」と推測した。

 鍋谷さんは11日に南部公民館、12日に善防公民館、10月10日に中央公民館でも同じ内容で講演する。各日午前10時~正午。参加無料。(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(9月21日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ