北播

  • 印刷
お年寄りに教わりながらしめ縄を作る児童=滝野南小
拡大
お年寄りに教わりながらしめ縄を作る児童=滝野南小

 兵庫県加東市高岡、滝野南小学校で7日、地元老人会などの約20人が5、6年生62人に年末恒例のしめ縄の作り方を教え、交流を楽しんだ。

 同校では農業や伝統文化への理解を深めようと、児童が地域住民の農地での田植えや稲刈り、収穫した米の試食を続ける。しめ縄作りもその一環として体験した。

 児童が刈り取った稲を脱穀したわらを使用。子どもたちはお年寄りに教わりながら、たたいて柔らかくしたわらの束を手のひらで挟んでより合わせ、輪にする作業に挑戦した。出来上がった2本をテープなどで組み合わせ、めがね型のしめ縄を完成させた。

 6年の女児(12)は「手のひらで編むのが難しかったけど、優しく教えてくれたので上手にできた。家に持って帰って飾りたい」と喜んでいた。(桑野博彰)

北播の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 60%

  • 8℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ