北播

  • 印刷
動画一覧へ
的目掛けて手作りの弓を引く男性=兵庫県多可町加美区箸荷、大歳神社
拡大
的目掛けて手作りの弓を引く男性=兵庫県多可町加美区箸荷、大歳神社

 兵庫県多可町加美区箸荷の大歳神社で11日、魔を払い、地域の平穏を祈る神事「百々手祭り」があった。住民が見守る中、「鬼」と書かれて黒く塗りつぶされた的を目掛け、氏子らが拝殿から計12本の矢を放った。

 本殿が江戸中期に建てられたという同社。神事は、立春後、農耕作業が本格化する前に、五穀豊穣を祈願して続けられたとみられている。

 祭りは毎年、当番の7人が担う。事前に約1・5メートル四方の的や、長さが2メートルほどある弓、1メートル余りの矢を竹などで手作りして準備。当日は、日の出前から本殿やこま犬などに供える団子を作った。

 拝殿での神事の後、男たちは酒を酌み交わしてから矢を放つとあって、約15メートル先の的にはなかなか当たらない。唯一、的中させた当番の安藤茂さん(69)は「良かった。みんなが元気に過ごせる1年にしたい」と喜んでいた。

 的から外れた矢も魔よけになるとされ、子どもたちは家に持ち帰ろうと競って拾い集めていた。(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(8月19日)

  • 31℃
  • 23℃
  • 10%

  • 32℃
  • 18℃
  • 0%

  • 34℃
  • 24℃
  • 0%

  • 32℃
  • 21℃
  • 0%

お知らせ