北播

  • 印刷
23年ぶりに茶せん塚の前で開かれた茶せん供養会=多可町中区天田、量興寺
23年ぶりに茶せん塚の前で開かれた茶せん供養会=多可町中区天田、量興寺

 茶道の道具の一つ、茶せんの供養会がこのほど、兵庫県多可町中区天田の量興寺で開かれた。境内にある茶せん塚の前で、同町茶道協会の会員ら約50人が参列。献花や読経などの後、茶せんをたき上げた。

 県内でも珍しい茶せん塚が同寺に建てられたのは1995年。鍛冶屋線存続運動の一環として開かれていた観月会で茶道協会が茶席を設けていた縁という。供養会はその年以来、協会幹部の交代や3町合併などの中で開かれなかったが、茶せん塚の意義を見直し、多くの人が茶道に親しむ機会を設けようと23年ぶりに開催した。

北播の最新
もっと見る

天気(6月26日)

  • 29℃
  • 23℃
  • 30%

  • 34℃
  • 20℃
  • 20%

  • 31℃
  • 23℃
  • 10%

  • 33℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ