北播

  • 印刷
スタンプラリーの景品などを前にイベントについて話す生徒と「ほうび」のスタッフ=小野高
拡大
スタンプラリーの景品などを前にイベントについて話す生徒と「ほうび」のスタッフ=小野高

 兵庫県小野市市場町、雑貨カフェ「HOWBI(ほうび)」と小野高校商業科の2年生約40人が11日午前10時から、食品や小物など多彩な約30ブースを連ねる「ごほうびまつり」を同カフェで開く。生徒が発案したスタンプラリーなどで地域住民らをもてなす。リーダーの深山望彩さん(17)=西脇市=は「みんなのやりたいことを詰め込んだ。来る人の笑顔を思い浮かべながら準備している」と話す。(笠原次郎)

 同科生徒は授業の一環で2014年から、地元の店舗などと販売促進などに取り組んでいる。昨年9月にほうびと話し合いを始め、全員が持ち寄った企画案の中から多くの人が楽しめるものに絞り込んだ。

 午後1時からの「みんなの主張!」では高校生ら約10人が、同カフェが入る3階建てビルの屋上に立ち、店舗ブースが並ぶビル横の屋外スペースに向けてそれぞれの思いを叫ぶ。参加者を募集しており、審査結果で上位の人には同カフェのランチ券などを贈る。

 生徒たちは特大パネル(縦約3メートル、横約2メートル)に風船の絵を描き、前に立った人が風船を持っているように見える「写真スポット」を制作。約30店が対象となるスタンプラリーで生徒手作りのスタンプを10個集めると、そろばん玉をあしらった箸置きや鳥の形をしたマスコットがもらえる。

 ほうび代表の広瀬浩美さん(43)は「若い人の自由な発想とエネルギーを感じてもらえたら」と来場を呼び掛ける。

 駐車場は近くの市場小学校西側。ほうびTEL0794・63・1225

北播の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 50%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ