北播

  • 印刷
「3月9日」から配布が始まるサンキューカード=小野市消防本部
拡大
「3月9日」から配布が始まるサンキューカード=小野市消防本部

 兵庫県小野市消防本部は9日から、救急現場で応急手当を実施した市民を対象に、感謝の気持ちを記した名刺大の「サンキューカード」を配る。北播磨では初めて。高齢化が進んで救急出動が増える中、偶然居合わせた市民も協力する環境づくりを目指す。

 対象は、心肺機能が停止した人への蘇生や、大事故現場での応急手当など。家族や福祉施設職員らは対象外とする。サンキューとの語呂合わせで3月9日に配布を始める。

 カードには、応急手当などについて不安に思ったことを尋ねる同本部救急課の電話番号も載せ、次回からより自信を持って取り組んでもらえるようにする。

 応急手当ができる人を増やそうと、同本部は各種研修を継続して開いているが、救命などに貢献したとして表彰される市民は年に数人程度。カードを発案した市消防署南分署の救急隊長冨田将典さん(40)は「勇気を持って応急手当をした人に感謝を伝えるとともに、事後の不安も解消し、一人でも多くの命が救えるようになれば」と話している。(笠原次郎)

北播の最新
もっと見る

天気(6月26日)

  • 29℃
  • 23℃
  • 30%

  • 34℃
  • 20℃
  • 20%

  • 31℃
  • 23℃
  • 10%

  • 33℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ