北播

  • 印刷
チャリティーイベントに参加した親子連れら=東条湖おもちゃ王国
拡大
チャリティーイベントに参加した親子連れら=東条湖おもちゃ王国

 兵庫県加東市黒谷の遊園地「東条湖おもちゃ王国」で10日、恒例のチャリティーイベント「おもちゃ王国の休日」があった。同市や神戸、三田市など県内で暮らす東日本大震災の避難者家族や児童養護施設の子どもたち約750人が参加し、乗り物やビンゴゲームを楽しんだ。

 2002年に阪神・淡路大震災の遺児らを招待して始まり、17回目。阪神・淡路から20年となった15年からは、東日本大震災の避難者らも招いている。

 開会式で橋本匡史支配人が「おはようございます」とあいさつをすると、子どもも大きな声で返事。全国のメーカーから提供されたおもちゃを景品にしたビンゴゲーム大会の後、参加者はカレーライスを食べ、メリーゴーラウンドなどの乗り物を楽しんだ。

 神戸市西区に家族で避難している会社員(44)は今回で2回目の参加といい「このような催しはありがたい。神戸は同じ被災地でもあり、人が温かいし、住みやすい」と話した。(藤田 彰)

北播の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 50%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ