北播

  • 印刷
子どもたちがこぞってお代わりした「震災復興応援献立」の給食=杉原谷小
拡大
子どもたちがこぞってお代わりした「震災復興応援献立」の給食=杉原谷小
子どもたちがこぞってお代わりした「震災復興応援献立」の給食=杉原谷小
拡大
子どもたちがこぞってお代わりした「震災復興応援献立」の給食=杉原谷小

 東日本大震災の被災地に思いを寄せようと、兵庫県多可町内の小中学校8校と北はりま特別支援学校で12日、宮城県南三陸町産の食材や郷土料理が並ぶ「震災復興応援献立」の学校給食が登場した。

 同町は津波などにより死者620人、不明者221人で、人口は震災前の4分の3に減った。昨年12月、町をもり立てようと同町職員が多可町を訪れて特産品をPRしたことから、今回の給食が実現した。

 献立は、南三陸町産サケのフライをメインに、同町産タコのサラダ、団子が入った郷土料理「はっと汁」と、多可町産コシヒカリのごはん。はっと汁は南三陸町の栄養教諭から多可町学校給食センターが特別に伝授されたレシピを用いた。

 杉原谷小学校(多可町加美区市原)では、児童たちがフライやサラダをこぞってお代わり。2年の児童は「はっと汁は団子がもちもちしていて、おいしい。タコも柔らかかった」と喜んでいた。(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 17℃
  • 40%

  • 23℃
  • 11℃
  • 50%

  • 21℃
  • 17℃
  • 50%

  • 22℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ