北播

  • 印刷
EARTH隊員の藤井泰子さんから防災について学ぶ児童たち=西脇市、楠丘小
拡大
EARTH隊員の藤井泰子さんから防災について学ぶ児童たち=西脇市、楠丘小
EARTH隊員の藤井泰子さんから防災について学ぶ児童たち=西脇市、楠丘小
拡大
EARTH隊員の藤井泰子さんから防災について学ぶ児童たち=西脇市、楠丘小

 東日本大震災の発生から丸7年を機に防災について学ぶ集会が12日、兵庫県西脇市黒田庄町岡、楠丘小学校で開かれ、171人が参加した。日野小学校(同市西田町)の養護教諭で県教育委員会の震災・学校支援チーム「EARTH(アース)」隊員の藤井泰子さんが講師を務めた。

 藤井さんはまず、津波により建物の上に船が乗っているなどの被災状況を伝える写真を見せながら「台風などと違って地震はいつ起きるか分からない。その時のために、少しでも被害を減らす努力が大事」と語り掛けた。

 普段から備えられることとして、防災訓練に真剣に参加する▽家具の倒壊の予防▽非常食や防寒具、携帯ラジオなどを入れた持ち出し袋を準備する-などを紹介。「家の近くでも昼と夜とは違うので、避難所までの道を家の人と確認してみて」と呼び掛けた。

 東日本大震災の発生当時の記憶はないという5年女児(11)は「いざという時に家族と連絡を取る方法や集合場所を、ちゃんと決めたい」と話していた。(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ