北播

  • 印刷
播州織の職人や市民らの合作で誕生した地域商品のかばん=多可町八千代区中野間、八千代コミュニティプラザ
拡大
播州織の職人や市民らの合作で誕生した地域商品のかばん=多可町八千代区中野間、八千代コミュニティプラザ

 播州織や豊岡かばんの職人、市民らの合作によるかばんの地域商品が完成した。兵庫県姫路市の小学生デザイナーのニーナさんが加西市の自然や歴史から想起した柄を使い、多可町の製織会社が生地を織り、西脇市の高校生らが型紙を作り、豊岡市のかばん会社が縫製した逸品。ふるさと納税の返礼品への採用のほか、各所での販売を目指している。(長嶺麻子)

 地域商品の企画は、ニーナさんも加わった産官学連携による加西市の靴のPRに、市民団体ドゥーイット(同市)が携わったのが始まり。同団体と交流のある市民団体ドロップ(多可町)と、製織会社コンドウファクトリー(同町)が賛同し、同社が同じ柄の生地を織って商品化を探った。

 商品化に当たって、ドロップの中高生らが「外で持ち歩けるものがいい」と提案し、かばんに決定。西脇高校生活情報科のメンバーが型紙をいくつか作り、コンドウファクトリーの近藤良樹さん(35)が豊岡市のかばん会社に依頼して試作品を完成させた。

 ショルダーバッグ(縦33センチ、横33センチ、幅6センチ、7560円)とトートバッグ(縦20センチ、横36センチ、幅12センチ、7128円)の2種を製作。生地はジャカード織で、裏表を使い分けることで紺と白の2色を使用している。今後、持ち手に多可町内の鹿革を用いるなど県内産にこだわったパターンオーダーも計画している。

 型紙作りに携わった同高出身の会社員竹村真彩さん(18)は「個性的な柄で、持っていて楽しい」と話し、試作品を日常使いしているという。職人たちとやり取りをした近藤さんは「違う視線でアイデアを交換できて、良い刺激になった。都市部でこのかばんを見ることができたら」と期待を膨らませている。

北播の最新
もっと見る

天気(12月14日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 6℃
  • 3℃
  • 80%

  • 10℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 4℃
  • 40%

お知らせ