北播

  • 印刷
動画一覧へ
青空へ向かって飛び立つ熱気球=加西市鶉野町
拡大
青空へ向かって飛び立つ熱気球=加西市鶉野町
青空に浮かぶ熱気球=加西市鶉野町
拡大
青空に浮かぶ熱気球=加西市鶉野町
青空へ向かって飛び立つ熱気球=加西市鶉野町
拡大
青空へ向かって飛び立つ熱気球=加西市鶉野町
ずらりと並んだ熱気球=加西市鶉野町
拡大
ずらりと並んだ熱気球=加西市鶉野町
ずらりと並んだ熱気球=加西市鶉野町
拡大
ずらりと並んだ熱気球=加西市鶉野町

 熱気球が飛行するエリアとして知られる兵庫県加西市内で22日、愛好家が集まるイベントが開かれ、色とりどりの16基が朝の青空を彩った。加西エリアで熱気球が飛ぶようになった2014年以降、同時に飛行する数としては最多という。

 熱気球チームの関係者が安全について意見を交わす連絡会に合わせて開催。京都大や奈良女子大の学生や社会人ら、関西を中心に約80人が集まった。

 参加チームは午前6時半、鶉野飛行場跡(同市鶉野町)に集合。各チームの熱気球が滑走路跡にずらりと並び、「ゴー」というバーナーの音を響かせると、次々に空へと浮かび上がった。

 写真を撮りに来た人たちの姿も多く見られた。神戸市垂水区から訪れた男性(72)は「気球が飛ぶのを見てみたかった。カラフルだし、かっこいいですね」と空を見上げていた。

 加西市内での飛行シーズンは5月6日まで。市文化・観光・スポーツ課TEL0790・42・8756

(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ