北播

  • 印刷
供養の塔婆を水に浮かべる参拝者=法華山一乗寺
供養の塔婆を水に浮かべる参拝者=法華山一乗寺

 釈迦の誕生を祝い、亡き親族の霊を供養する「花まつり」が8日、兵庫県加西市坂本町の法華山一乗寺で最終日を迎えた。家族や先祖を供養する参拝者らが塔婆を水に浮かべ、亡き人に思いをはせた。

 播磨地域では、前年5月3日以降に四十九日を迎えた人を供養する「花はじめ」という風習があり、花まつりの日に供養すると功徳があるとされる。高い場所にある寺院で供養すれば亡き人への思いが通じやすいと伝わることから、山間にある同寺を訪れる人は多い。

北播の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 60%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ