北播

  • 印刷
動画一覧へ
8年ぶりの復活を祝って和太鼓を披露する子どもたち=鍬渓温泉きすみのの郷
拡大
8年ぶりの復活を祝って和太鼓を披露する子どもたち=鍬渓温泉きすみのの郷
岩風呂でくつろぐ人たち=鍬渓温泉きすみのの郷
拡大
岩風呂でくつろぐ人たち=鍬渓温泉きすみのの郷

 8年ぶりに復活した兵庫県小野市下来住町の「鍬渓(くわたに)温泉きすみのの郷」。10日開かれた記念式典には約50人が参加し、テープカットなどで再出発を祝った。午後1時にオープンすると早速、再開を待ちわびた客が続々と入浴した。

 式典で蓬●務市長は「400年の歴史を誇る関西最後の秘湯。地元の熱い思いがあり、復活できた」とあいさつ。支配人の阿江治さん(67)は「源泉の井戸を後世に残したいとの思いがかなった。地元のコミュニティーづくりや癒やしの空間として貢献したい」と話した。地元の来住保育所の園児約50人が「三百六十五歩のマーチ」の曲に乗せて和太鼓を打ち、大きな拍手を受けた。

 オープン前には玄関前に行列ができた。2010年の廃業直前まで5年ほど店番をしていたという女性(81)=加西市=は「8年前までと同じで、よくぬくもった。汗がとまらない」と笑顔で話した。

 施設内の食堂は、JR加古川線小野町駅のそば処「ぷらっときすみの」の2号店。地元特産のそば粉だけを使ったざるそばなどを提供する。1号店は2004年の開業以来、黒字を出しており、年間売り上げは約7千万円。運営するNPO法人ぷらっときすみの理事長の藤井力雄さん(71)は「温泉復活のにぎわいをさらに盛り上げられるように貢献したい」と話した。

 浴室には男女6人ずつしか入れないため、多数の場合は入場制限がある。鍬渓温泉きすみのの郷TEL0794・88・8426

(笠原次郎)

※●は「莱」の「来」が「來」

北播の最新
もっと見る

天気(10月17日)

  • 21℃
  • 17℃
  • 40%

  • 19℃
  • 13℃
  • 60%

  • 23℃
  • 17℃
  • 30%

  • 22℃
  • 15℃
  • 30%

お知らせ