北播

  • 印刷
四季の写真を使ったPR動画をアピールする小野市市民サービス課の藤岡揚子さん=同市役所
拡大
四季の写真を使ったPR動画をアピールする小野市市民サービス課の藤岡揚子さん=同市役所
桜の花びらを幻想的に写した「tsune.lite」さんの作品=小野市内(同市提供)
拡大
桜の花びらを幻想的に写した「tsune.lite」さんの作品=小野市内(同市提供)
ひまわりの丘公園でくつろぐ子どもを活写した「hayato.szk」さんの作品=小野市内(同市提供)
拡大
ひまわりの丘公園でくつろぐ子どもを活写した「hayato.szk」さんの作品=小野市内(同市提供)
小野アルプスに降り積もった落ち葉を撮った「qv14r」さんの作品=小野市内(同市提供)
拡大
小野アルプスに降り積もった落ち葉を撮った「qv14r」さんの作品=小野市内(同市提供)
小野アルプスから雲海を撮影した「barutan0024」さんの作品=小野市内(同市提供)
拡大
小野アルプスから雲海を撮影した「barutan0024」さんの作品=小野市内(同市提供)

 兵庫県小野市が初めて、四季の写真を使った動画「#おのめぐりザ・フォー・シーズンズ・イン・オノ」を制作した。写真投稿サイト「インスタグラム」に投稿された約1600点から63枚を厳選。河川敷4キロに桜650本が並ぶおの桜づつみ回廊や、日本一低い小野アルプスから眺める雲海など「小野ならではの魅力」を発信している。(笠原次郎)

 市民サービス課は昨年6月、インスタグラム公式アカウントの運用を始め、市民らに「小野のいいところ」をテーマに投稿を呼び掛けた。写真の共有に必要なハッシュタグ「#おのめぐり」が付いた作品が約1600点にまで増えた今年3月、市民が参加する市の魅力発信に磨きをかけようと、動画の制作を始めた。

 市広報アドバイザー佐野允彦さん(70)らに写真を選んでもらい、神戸市の映像制作会社に動画編集を依頼。春は桜が咲く国宝・浄土寺(同市浄谷町)▽夏はひまわりの丘公園(同)の約38万本のヒマワリ▽秋は同市来住地区のソバ畑の白い花▽冬は鴨池(同市来住町)に飛来した渡り鳥-などを選び、5分36秒の動画にまとめた。

 63点中最多の16点が採用された電気店員(44)=同市昭和町=は「小野アルプスの自然や祭りの豊かさなど、新たに気付かされる魅力が多かった」と語る。同課広報・SNS発信係長の藤岡揚子さん(43)は「小野の魅力をこれからも市民と深く掘り起こし、発信していきたい」と話している。

 動画は投稿サイト「ユーチューブ」の小野市チャンネルから見ることができる。市民サービス課TEL0794・63・1013

北播の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 60%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ