北播

  • 印刷
石川遼選手(右端)からサインをもらうファンら=小野東洋ゴルフ倶楽部
拡大
石川遼選手(右端)からサインをもらうファンら=小野東洋ゴルフ倶楽部
石川遼選手(手前中央)のサインをもらうため、集まった人たち=小野市日吉町、小野東洋ゴルフ倶楽部(撮影・笠原次郎)
拡大
石川遼選手(手前中央)のサインをもらうため、集まった人たち=小野市日吉町、小野東洋ゴルフ倶楽部(撮影・笠原次郎)

 兵庫県小野市日吉町、小野東洋ゴルフ倶楽部で17日、日本最古の男子オープントーナメント「第84回関西オープンゴルフ選手権」が開幕した。9年ぶりの出場となる石川遼選手(26)や日本プロ選手権でメジャー最年長優勝を果たしたばかりの谷口徹選手(50)ら人気選手がプレー。集まった大勢のファンに石川選手らはサインをしていた。20日まで。

 関西ゴルフ連盟の主催。第1回大会は1926年に大阪府内で開いた。

 今大会は片山晋呉選手(45)や池田勇太選手(32)らプロ126人、アマチュア24人が出場。北播磨ゆかりの選手には、2008年大会で4位タイの渡部光洋選手(46)=やしろ東条GC(加東市)、同市出身の高校3年蟬川泰果選手(17)、三木GCの森本英明選手(25)、センチュリー三木GCの岡市瑞樹選手(19)らがいる。賞金総額は7千万円、優勝賞金は1400万円。

 好天に恵まれた初日はファン2300人が来場。グリーン周辺ではロングパットを決めた選手に拍手を送った。競技歴約20年でベストスコアが75という装飾業坂井誠さん(54)=加古川市=は「石川選手ら有名選手を間近に見ることができ、本格的な技が参考になった」と話していた。

 当日券は18日が2千円、19、20日が3千円。選手とのふれあい広場(18、19日)や、プロによる解説付きの観戦ツアー(19、20日)、試打会(同)がある。小野東洋ゴルフ倶楽部TEL0794・62・6881

(笠原次郎)

北播の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 23℃
  • 14℃
  • 0%

  • 22℃
  • 12℃
  • 0%

  • 24℃
  • 12℃
  • 0%

  • 23℃
  • 12℃
  • 0%

お知らせ