北播

  • 印刷
クイズを交えながら五百羅漢を紹介する北条小学校歴史ガイド隊14期生の子どもたち=羅漢寺
拡大
クイズを交えながら五百羅漢を紹介する北条小学校歴史ガイド隊14期生の子どもたち=羅漢寺

 北条小学校(兵庫県加西市北条町北条)の5、6年生38人が2日、「歴史ガイド隊14期生」としてデビューした。地元住民らでつくる「市歴史街道ボランティアガイド」の指導の下で案内の練習をしてきたといい、学校周辺の観光名所である羅漢寺などを案内し、訪れた人たちを地域の歴史物語にいざなった。(長嶺麻子)

 同隊は2005年に発足。文化遺産の案内によって郷里への愛着を抱き、観光客など人前で堂々と話せるようになるのが狙い。これまでに約280人が所属し、15年には文部科学大臣表彰を受けている。

 この日は、市連合PTA役員ら約60人のガイドを引き受けた。5年生25人は、6班に分かれて同寺の石仏群「五百羅漢」などを案内。廃れた時期もあったが昭和30年代に地域で復興させた経緯や、400体余りある石仏の表情はどれも異なることなどをクイズを交えながら解説した。

 5年の女児(10)は「一生懸命説明して分かってもらえたらうれしい」。同じく5年の女児(10)は「知らない人と話せる機会がたくさんあって面白い。いつか外国の人も案内したい」と話した。

 ガイド隊は週末や夏休みを中心に活動する予定。ホームページ「かさい観光ナヴィ」などから受け付ける。加西市観光案内所TEL0790・42・8823

北播の最新
もっと見る

天気(6月23日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ