北播

  • 印刷
さまざまな国の人たちが参加したフットサル=加西市玉野町
拡大
さまざまな国の人たちが参加したフットサル=加西市玉野町

 サッカーのワールドカップロシア大会が盛り上がる中、「フットサルワールドカップ加西大会」が24日、加西市玉野町の市多目的グラウンドであった。日本をはじめブラジル、インドネシア、ベトナムなどの8チームが集まり、熱戦を繰り広げた。

 同市を拠点に国際交流に取り組むNPO法人ねひめカレッジの主催で3回目。日本人は加西や西脇のチームが参加し、外国人は加西市在住者を中心とした3カ国のチームに加え、中国人と日本人の合同チームもあった。

 それぞれ3試合を戦って合計得点を競い、試合中はさまざまな言語の声援が飛んだ。得点数が同じブラジルチームにPK戦で勝って優勝した「キヨシンA」(インドネシア)のオンブリ・タンバさん(28)=多可町中区森本=は「優勝できてうれしい。スポーツは、いいコミュニケーションになる」と笑顔を見せた。

 西脇市落方町の内橋大樹さん(42)は「普段接することのない外国の人と試合ができて楽しかった」と話した。(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 30%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ