北播

  • 印刷
「日本の特選花火コレクション」で打ち上げる予定の花火の写真パネルでPRする加東市職員=同市役所
拡大
「日本の特選花火コレクション」で打ち上げる予定の花火の写真パネルでPRする加東市職員=同市役所

 兵庫県加東市は8月1日午後7時半から、遊園地「東条湖おもちゃ王国」(同市黒谷)南側の特設会場で同市花火大会を開催する。今年の目玉は初の試みとなる「日本の特選花火コレクション」。花火競技の全国大会で優勝歴や受賞歴を持つ10社の花火が競演する。(藤田 彰)

 打ち上げると直径約280メートルになる8号玉40発を含め、約1500発を東条湖の湖面から打ち上げる。市のマスコットキャラクター「加東伝の助」の顔をイメージした花火は4回目の登場。改良を重ね、顔が分かりやすくなっているという。

 同コレクションでは、全国花火競技大会「大曲の花火」や伊勢神宮奉納全国花火大会などで受賞歴がある10社の花火を披露する。

 昨年に続き、湖畔に有料観覧席を設置。打ち上がる瞬間や湖面に映る花火を、間近でゆったりと観賞できる。プレミアム席(4人掛けのイスとテーブル)=1万円(10セット)▽イス席テーブルあり=1人1500円(100席)▽同テーブルなし=同千円(同)。イス席は全席自由。市商工観光課窓口で7月2~6日に販売。売れ残れば抽選販売とし、同9~18日に受け付ける。

 荒天の場合は8月2日に順延。同課TEL0795・43・0530

北播の最新
もっと見る

天気(12月10日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 8℃
  • ---℃
  • 40%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ