北播

  • 印刷
香りを楽しみながらラベンダーを摘む入場者ら=ラベンダーパーク多可
拡大
香りを楽しみながらラベンダーを摘む入場者ら=ラベンダーパーク多可
香りを楽しみながらラベンダーを摘む入場者ら=ラベンダーパーク多可
拡大
香りを楽しみながらラベンダーを摘む入場者ら=ラベンダーパーク多可

 開園10周年を迎えた兵庫県多可町加美区轟のラベンダーパーク多可で1日、ラベンダーフェスタが開かれ、町内外から1日としては過去最高の約3000人が訪れた。園内の約8割で栽培されるラバンディンラベンダーが見ごろを迎え、摘み取り体験(50本300円)が人気を集めていた。

 フェスタは毎年、ラバンディンラベンダーの最盛期に開いている。ハーバリウムづくりのワークショップや花の苗の販売、アマゴや炭火焼き鳥などのグルメも登場。特設ステージではピアノの弾き語りやフラダンスなども披露された。

 摘み取り体験はこの日が初日とあって、ラベンダー畑の一角で、香りを楽しみながら摘む家族連れの姿があった。京都市から家族3人で訪れた女性(52)は「初めて来たけど面白い場所。ラベンダーはドライフラワーにしてみます」と話していた。

 午前9時~午後5時。入園料高校生以上500円、小中学生200円。摘み取り体験は摘み取り用ラベンダーが無くなり次第、終了。ラベンダーパーク多可TEL0795・36・1616

(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(7月21日)

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ