北播

  • 印刷
店先でウナギを焼く店主の末永峯雄さん=料理店「末永」
拡大
店先でウナギを焼く店主の末永峯雄さん=料理店「末永」

 20日と8月1日の「土用の丑」を前に、兵庫県加東市社の料理店「末永」でウナギのかば焼き作りが本格化している。店主の末永峯雄さん(77)が炭を使って店先で焼いており、香ばしい匂いが買い物客の食欲を刺激している。

 創業80年を超す同店は約10年前からウナギを焼き始め、今では多くの固定客を持つ。今月7日には浜名湖産のウナギ約5キロを明石市の魚の棚商店街で仕入れた。

 特製のたれに漬け、焼き具合を確かめながら約20分かけて仕上げる。仕入れ値は年々上がっているというが「今年も身が柔らかく、脂がよく乗っている」と末永さん。ピークとなる19、20日には約400匹を焼くという。

 予約受付中。1匹3024円。うな重は1944~3564円。肝焼きは100グラム850円。棒ずしは3888円。末永TEL0795・42・0202

(笠原次郎)

北播の最新
もっと見る

天気(7月20日)

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 38℃
  • 24℃
  • 10%

  • 37℃
  • 28℃
  • 20%

  • 38℃
  • 27℃
  • 20%

お知らせ