北播

  • 印刷
モモの糖度を測る生産者ら=やしろ桃園
拡大
モモの糖度を測る生産者ら=やしろ桃園

 兵庫県加東市特産「やしろの桃」の出荷が本格化した12日、やしろ桃園(同市上久米)で恒例の糖度検査が行われた。各農家が計33個を持ち寄り、非破壊糖度計を使って一つずつ測定。平均糖度は「甘くてみずみずしい」とされる12・3度だった。

 同桃園は約5・7ヘクタールで農家14戸が「白鳳」や「清水白桃」などの品種を栽培。上久米果樹生産組合の組合長岸本環さん(59)は「各農家は1年かけて丹精して育てた」と話す。適度な日照時間も確保され、収穫量は例年並みという。

 2キロ1400~2300円など。上久米地区を通る県道沿いの特設テントのほか、JAみのり農産物直売所「ふれすこ」社店(同市社)や道の駅とうじょう(同市南山)などで販売している。(藤田 彰)

北播の最新
もっと見る

天気(12月14日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

  • 6℃
  • ---℃
  • 70%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ