北播

時計2018/7/15 05:30神戸新聞NEXT

  • 印刷
カブトムシを手に取る子ども=北条鉄道
拡大
カブトムシを手に取る子ども=北条鉄道

 兵庫県加西市と小野市を結ぶ第三セクター北条鉄道(加西市)は14日、人気企画「かぶと虫列車」の運行を始めた。初日は親子連れら253人が乗車し、森に見立てた車内で虫かごに入ったカブトムシを眺めたりゲームを楽しんだりした。

 今年で20回目。カブトムシのつがい1組と希望者にスズムシをプレゼントし、北条町-粟生駅を約50分かけて1往復する。16日まで1日4便運行する予定で、今年は790人が申し込んだ。

 参加者は北条町駅で、ボランティアの北条高校や播磨農業高校の生徒からカブトムシなどを受け取って乗車。カブトムシのかぶりものをかぶった兵庫教育大の学生らとクイズをしたり、飼い方の説明を聞いたりした。長駅のホームでは仮装した同鉄道支援グループのメンバーらが水鉄砲で歓迎した。

 両親と兄と参加した加古川市の女児(8)は「カブトムシはかわいい。もらえてうれしい」と話していた。(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(12月20日)

  • 14℃
  • 8℃
  • 40%

  • 13℃
  • 3℃
  • 40%

  • 14℃
  • 7℃
  • 40%

  • 13℃
  • 5℃
  • 30%

お知らせ