北播

  • 印刷
青空へ向かって一斉に飛び立つ熱気球=4月22日、加西市鶉野町
拡大
青空へ向かって一斉に飛び立つ熱気球=4月22日、加西市鶉野町

 熱気球の愛好家らが集まる兵庫県加西市で飛行を支える「かさい熱気球サポータークラブ」が、自前の熱気球チームを結成する。スタッフやパイロットを養成するため、16日から月1回程度、気球について学ぶ講座を市内で5回開催。11月10日からの気球飛行シーズンを前に、同クラブ代表の阿部政人さん(51)は「集まってくるチームを迎えるホストチームになりたい」と意気込む。(森 信弘)

 同クラブは2014年、気球と市民をつなぐ団体として設立。約10人のメンバーが飛行を見守り、写真展や係留飛行の催しなどを開いているが、自分たちも気球を楽しみたかったという。市内には、パイロットが1人いる「加西ひこう老人会」があったが、メンバーの多くは同クラブと重複しており、合流する。

 講座の初回は午前10時~正午、日本気球連盟の公認インストラクターから、機材の説明などを受ける。11月は飛行を手伝い、1月の最終回は実際に搭乗も体験する。パイロットになるには一定の飛行経験などが必要になる。

 参加費は1回千円程度(5回目は5千円ほど)の予定。定員は同クラブ会員も含め30人。ほかのチームで活動したい人も参加できる。申し込みは9月14日正午までにメール(abe.kasai.netukikyuu@gmail.com)で。

北播の最新
もっと見る

天気(11月16日)

  • 18℃
  • 11℃
  • 0%

  • 18℃
  • 6℃
  • 10%

  • 19℃
  • 10℃
  • 0%

  • 19℃
  • 7℃
  • 0%

お知らせ