北播

  • 印刷
青空の下で優雅に泳ぐランチュウ=道の駅北はりまエコミュージアム
拡大
青空の下で優雅に泳ぐランチュウ=道の駅北はりまエコミュージアム
青空の下で優雅に泳ぐランチュウ=道の駅北はりまエコミュージアム
拡大
青空の下で優雅に泳ぐランチュウ=道の駅北はりまエコミュージアム

 金魚の王様とも呼ばれる「ランチュウ」の秋季品評会が8日、兵庫県西脇市寺内、道の駅北はりまエコミュージアムで開かれ、西日本各地から愛好家40人が計160匹を出品した。優等魚は白い洗面器に入れられ、道の駅の利用客らにも披露された。

 中兵庫らんちゅう会(事務局・同市)が主催。優雅な泳ぎ姿が特徴のランチュウは、飼育の仕方で体の大きさやうろこの形状、尾の張り方などが大きく違ってくるという。品評会ではこうした視点で、3歳以上の親魚、2歳魚、その年生まれの当歳魚と、部門ごとに審査する。

 9月30日の開催を予定していたが、台風24号の接近により延期した。この日、先着100人に用意したランチュウのプレゼントは10分でなくなるほどの人気。審査後は晴れ渡った秋空の下で公開され、「きれい」「かわいい」と、利用客らの目を楽しませていた。(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(12月11日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ