北播

  • 印刷
加東フィルハーモニー管弦楽団の第11回定期演奏会をPRする団長の服部正徳さん=加東市役所
拡大
加東フィルハーモニー管弦楽団の第11回定期演奏会をPRする団長の服部正徳さん=加東市役所

 加東フィルハーモニー管弦楽団の第11回定期演奏会が11日午後2~4時、兵庫県加東市上三草、やしろ国際学習塾LOCホールで開かれる。2000年の結団以来初めて、ドボルザークの交響曲第9番「新世界より」の全楽章演奏に挑戦する。

 やしろフィルハーモニー管弦楽団として発足し、06年の同市誕生とともに改称した。以前は中学生や高校生も所属していたが、進学や就職で退団し、現在は市内や近隣に住む社会人45人が所属。スプリングコンサートや市内の小学校、公民館などでクラシックの名曲などを演奏している。

 15年の第9回定期演奏会では同曲の第1、4楽章を演奏。今回は第2、3楽章を合わせ、全楽章を披露する。加東混声合唱団が賛助出演する。

 団長の服部正徳さん(58)=同市=は「ドボルザークの作品の中でもよく知られた曲を全楽章演奏することで、団員の技術向上を図るとともに、これまで取り組んできた熱意を伝えたい」と意気込んでいる。

 入場料500円。未就学児は入場不可。主催の加東文化振興財団TEL0795・42・7700

(藤田 彰)

北播の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 18℃
  • 11℃
  • 10%

  • 18℃
  • 7℃
  • 20%

  • 19℃
  • 10℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ