北播

  • 印刷
キッズスペースが広がるロビー=多可町健康福祉センター
拡大
キッズスペースが広がるロビー=多可町健康福祉センター
新たに設けられた授乳室=多可町健康福祉センター
拡大
新たに設けられた授乳室=多可町健康福祉センター

 兵庫県多可町の子育て世代包括支援センター「アスパルきっず」がこのほど、同町中区岸上、町健康福祉センター(アスパル)内にオープンした。妊娠から出産、子育てにまつわる相談の総合窓口として、情報提供や関係機関との連携の役割を担う。(長嶺麻子)

 2016年の母子保健法改正に伴い、同包括支援センターの設置は市町村の努力義務とされている。同町ではアスパル内にあった福祉課が新庁舎完成によって移転し、空間が広がることから、キッズスペースを広げ、これまでなかった授乳室を新たに設けるなど改修した。

 町内の新生児は年間約100人。これまでは、子どもの年齢や障害の有無などによって担当課が異なり、施設も分散していたため、相談したくてもどこへ行けば分からないというような状況が少なくなかったという。

 開所により、従来の健康課の母子保健担当保健師2人に加え、週2回程度、専任の保健師が1人加わった。子育て中の人たちの「初めての妊娠、出産で不安」「子どもの発達が気になる」「子育てが楽しくない」「一時預かりのサービスはあるのか」といったさまざまな悩みに応じていく。

 午前8時半~午後5時15分。土日曜・祝日休み。同センターTEL0795・32・5121

北播の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 80%

  • 12℃
  • ---℃
  • 80%

  • 12℃
  • ---℃
  • 90%

  • 11℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ