北播

  • 印刷
橘田薫選手(前列右)の奮闘に刺激を受け、石飛茉夏主将(同中央)を中心に結束した選手たち=小野高
橘田薫選手(前列右)の奮闘に刺激を受け、石飛茉夏主将(同中央)を中心に結束した選手たち=小野高

 18日に大阪府能勢町で行われる近畿高校駅伝に、女子の小野高校(兵庫県小野市西本町)が3年連続で出場する。4日の県駅伝では、大黒柱の1区橘田薫選手(3年)が右手首を骨折した状態ながら区間2位の激走。奇跡を成し遂げたチームは一段と結束力を増している。(井川朋宏)

 県駅伝直前の10月下旬、練習で走っていた橘田選手の右手首にサッカーボールが直撃。出場も危ぶまれ「区間10~20位を覚悟した」というが、右腕をギプスで固定して走った。腕振りが困難なためリズムに乗るまで時間がかかったが「今季は後半勝負ができるようになり、終始自分のペースを刻めた」と冷静に走り抜いた。

北播の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ