北播

  • 印刷
照明に映える石仏と紅葉=羅漢寺
拡大
照明に映える石仏と紅葉=羅漢寺
照明に映える石仏と紅葉=羅漢寺
拡大
照明に映える石仏と紅葉=羅漢寺

 兵庫県指定文化財の石仏群「五百羅漢」で知られる加西市北条町北条の羅漢寺で22日、紅葉ライトアップの試験点灯があった。23~25日に、見頃を迎えたモミジと石仏を照らし出す。

 風情あるまちの魅力を発信しようと、五百羅漢保存委員会と同寺、市観光まちづくり協会が2014年から毎年開いている。

 午後5時ごろから、赤と白の発光ダイオード(LED)の照明16基が赤く色づいたモミジを照らし、境内は幻想的な雰囲気に包まれた。23日からは、石仏群の前などで約千本のろうそくがともされる。

 点灯は午後5~8時。午後6時半~7時50分には、市民らによるコーラスやオカリナ、三味線などのコンサートも開かれる。拝観料200円(中学生以下無料)。市観光案内所(北条鉄道北条町駅構内)TEL0790・42・8823

(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ