北播

  • 印刷
空き家の管理者に報告するための写真を撮る検針員=小野市浄谷町
空き家の管理者に報告するための写真を撮る検針員=小野市浄谷町

 危険な空き家が増えないように、兵庫県小野市は2022年度までの5年間で取り組む対策計画をこのほど策定した。5年に1度の実態調査によってデータベースを整備。これまで11件の利用があった空き家バンクをさらに活用し、民間企業と連携して展開している見守りサービス事業も進める。(笠原次郎)

 市は11~12年の調査で空き家545カ所を確認。このうち倒壊などの恐れがある危険な建物は55カ所だった。13年には、自治体が強制的に廃屋を取り壊す措置を盛り込んだ条例を県内で初めて施行したが、家を残したほうが更地より固定資産税が格段に安いため撤去は進まず、今年10月末で危険な建物50カ所が残っている。

北播の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ