北播

  • 印刷
電飾で華やかに彩られた中央花壇=県立フラワーセンター
拡大
電飾で華やかに彩られた中央花壇=県立フラワーセンター
幻想的に照らされたウツボカズラ=県立フラワーセンター
拡大
幻想的に照らされたウツボカズラ=県立フラワーセンター
入園者を迎える光のトンネル=県立フラワーセンター
拡大
入園者を迎える光のトンネル=県立フラワーセンター

 兵庫県加西市豊倉町の県立フラワーセンターで30日、中央花壇や温室をライトアップするイベント「花と光のクリスマス」の試験点灯が行われた。12月1~24日の土日曜と祝日、約10万個の発光ダイオード(LED)が華やかに彩る。(森 信弘)

 今年で6年目。中央花壇はLEDでクリスマスツリーなどを表現したほか、長さ50メートルの光のトンネルを設置し、ピンクや赤、緑、紫などで彩られたアーチが入場者を温かく包む。

 温室では「ウツボカズラ」の捕虫袋を内側から光らせたり、球根ベゴニアを赤い照明で照らしたりして、幻想的な雰囲気を演出する。

 点灯は午後5~8時(南入り口から入園可)。8、9、15、16、23、24日にはコンサートが開かれる。入園料250円(高校生以下無料)。同センターTEL0790・47・1182

北播の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ