北播

  • 印刷
電柱に止まったコウノトリ=加西市北町
拡大
電柱に止まったコウノトリ=加西市北町

 国の特別天然記念物コウノトリ1羽が兵庫県加西市北町付近に飛来し、住民の話題になっている。約2週間前から目撃例があり、ため池「長蓮寺池」(殿原町、越水町)で餌をついばんだり、車の行き交う市道脇の電柱で羽を休めたりしている。

 県立コウノトリの郷公園(豊岡市)によると、足輪の色からみて2017年4月に豊岡市出石町袴狭の人工巣塔で生まれ、同年6月に巣立ちした雌という。

 その姿を眺めるのが日課になったという男性(78)=加西市=は「空を旋回する姿がきれいだ」とほほ笑む。北町地区の区長の男性(63)も「コウノトリは優雅で、幸せを運んでくるイメージがある。飛んで来てくれてありがたい」と話す。

 市内では11月、同市西横田町付近でも朝来市で放鳥された雄が目撃されている。郷公園は「脅かしたりせず、距離を保って見守ってほしい」としている。(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 80%

  • 12℃
  • ---℃
  • 80%

  • 12℃
  • ---℃
  • 90%

  • 11℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ