北播

  • 印刷
豊かな色彩の巨大パッチワーク=西脇北高
拡大
豊かな色彩の巨大パッチワーク=西脇北高

 播州織のキルトを集めた作品展が5日、西脇北高校(兵庫県西脇市郷瀬町)の体育館で始まった。播州織キルト作家小東風彩さん(66)=同市=が監修した緞帳(縦5メートル、横12メートル)や、パッチワーク約1万500枚を縫い合わせた「巨大パッチワーク」(縦10・5メートル、横22・5メートル)などを展示している。7日まで。

 播州織の魅力を多くの人に知ってもらおうと開き、2回目になる。

 緞帳は昨年、同高の創立50周年を前に、小東さん本人のほか、市内で開く教室の受講生や住民、同校生ら延べ約2千人で制作した。巨大パッチワークは小東さんが企画。教室生をはじめ住民や市内外の小中学生から15センチ四方の糸巻き柄の作品を集め、2010年に完成させた。

 ほかに、教室生の多彩なパッチワークキルトや、同高、北はりま特別支援学校、西脇高校生活情報科の生徒らによる小物など手作りの品も並んでいる。

 入場無料。西脇北高TEL0795・22・5850

(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(12月14日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 6℃
  • 3℃
  • 80%

  • 10℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 4℃
  • 40%

お知らせ