北播

  • 印刷
店舗の精巧なジオラマに見入る親子=加西市北条町北条
拡大
店舗の精巧なジオラマに見入る親子=加西市北条町北条
パルナス関連の品が並ぶ会場=加西市北条町北条
拡大
パルナス関連の品が並ぶ会場=加西市北条町北条
人気を集めた「モンパルナス」のピロシキ=加西市北条町北条
拡大
人気を集めた「モンパルナス」のピロシキ=加西市北条町北条

 哀愁漂うCMソングで知られ、2000年に営業を終えた洋菓子メーカー「パルナス製菓」ゆかりの品を紹介するイベントが8日、兵庫県加西市北条町北条の地域交流広場「まちなか春陽堂」などで始まった。市内や京阪神などから多くの人が訪れ、店舗のジオラマに見入ったり、ピロシキを食べたりして懐かしい昭和の雰囲気に浸った。9日まで。(森 信弘)

 パルナスは1952年、加西市出身の古角松夫さんと弟の伍一さん(いずれも故人)が創業。イベントは、2017年に同市などで「こころばかりのパルナス展」を開いた同市東長町の会社員藤中健二さん(54)が第2弾として企画した。

 今回披露されたジオラマは20分の1の大きさ(高さ40センチ)で、大津市の設計士山本和美さんがケーキやシュークリームなど細部にこだわって作り上げた。会場では、レトロな形のテレビで当時のCMが上映され、藤中さんが集めたパルナスの入社案内や菓子箱、レコードなども並んだ。

 近くのカフェ「おちゃのま」では、パルナスの味を受け継ぐ「モンパルナス」(阪神尼崎駅構内)のピロシキなどが販売され、にぎわいを見せた。

 同市北条町北条の女性(51)は娘(10)とジオラマを見ながら「CMの曲を聞くと、つい歌ってしまう。バタークリームのケーキを食べたことを思い出しますね」と話していた。

 午前10時~午後5時。

北播の最新
もっと見る

天気(4月26日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 80%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ